トイレ水漏れやコンセント増設問題【専門業者がスピード決着】

作業員

コンセントの工事

コンセント

私たちが快適な生活を送るには、電力を通してくれるコンセントはとても必要な存在です。新たにコンセントを設置する場合は、業者に依頼をする必要があります。また、古いコンセントの使用は火災を招くこともあります。

View Detail

コンセントの使用方法

コンセント

コンセントを抜く際に根元ではない部分から引き抜いてしまうと、電気の流れが悪くなってしまい最悪の場合火災に繋がることもあります。また、たこ足配線はに沢山の電化製品を繋いでしまうとワット数を越えてしまい危険です。

View Detail

簡単にできる増設

トイレ

コンセントの設置場所について

コンセントを増設する場合、どのような場所に設置するのかを悩んでいない人が多いかと思います。それは、この場所に欲しいという場所であってもコンセントが本当に必要なのかということになります。 これは、コンセントを設置するためには現在設置しているコンセントの場所よりも距離のある場所、または、対角になっている場所に設置するということになります。 そうしなければ、タップコンセントで増設すれば完了してしまうからです。後は、設置したい場所に柱が設置されていないかどうかを確認します。壁をコンコンと叩くことによって確認できたりしますので簡単にすることができます。 簡易に設置することはできますが、免許がなえれば設置できませんので注意しましょう。

増設する方法について

増設するためには、電気工事士のいる業者に行ってもらう必要があります。法律に違反になるため、注意しましょう。 そして、増設するためにはブレーカー容量を確認する必要もあります。これは電気使用容量が限界まで利用している場合は増設できないということになり、大元のブレーカー容量を上げることになります。ブレーカー容量に余裕がある場合は、ブレーカーの増設もしくは配線の追加のみになるので簡単な工事になりますが、大元のブレーカー工事になりますと、家全体の電気を数時間遮断した上で工事しますので大規模な工事になってしまいます。 この様にコンセント増設といっても工事の規模が変化してきますので、よく考えてから増設を検討していくようにしましょう。

水回りに関する住宅トラブル

水回りの受託トラブルは他の住宅トラブルよりも起こりやすい傾向にあります。とくに、水道管やトイレ水漏れなどは報告されている件数も多いのでかなり頻繁に起こっているトラブルとして知られているので、水道管などに関する修理を行なってくれる業者を事前に調べておいて、早めに対応してもらえるように普段から準備しておきましょう。

消費電力の高い家電

家電

現在内線規定で住宅では、アース付きのコンセントを設置するように強化されています。また、消費電力の高い家電製品は専用回路に交換することが大切で、交換の際は消費電力も重視しましょう。

View Detail